お困り事・問題点

食品会社にて、製造ラインの温度を保つ為、空調機を連続運転とし、電気代が高くなる。

また、Vベルトの交換作業・張り直しの作業を行う為に、生産の調整・交換作業を行う為の作業時間との戦いで頭を抱えておりました。

摩擦・磨耗により発生する、ベルトの磨耗粉の清掃等に細心の注意を払う必要がありました。

問題点

・連続運転で電気代が高くなる。

・ベルトの交換作業・張り直し作業に時間がかかる。

・ベルトの摩擦・摩耗が発生する。

マツタメからのご提案と解決ポイント

Vベルトから、HFD(平ベルト駆動システム)への切替の提案を致しました。

切り替え前

切り替え後

解決ポイント

~HFDの特徴・ポイント~

①省エネルギー(Vベルト比:消費電力を7%削減)

*高伝動・高効率な平ベルトの仕様により、モーターへの負荷が低減され、電力の削減が可能になります。

②メンテナンスフリー&長寿命化(Vベルト比:約3倍の寿命)

*平ベルトの蛇行を制御するプーリを取付ける事により、ベルトの走行位置を自立制御させる事が出来ると共に、張力付与をバネにて安定維持する事で、長寿命・メンテナンスフリーが可能となります。

③コンパクト設計(Vベルト比:約40%減少)

*Vベルトの多本掛けから、平ベルト1本での対応が可能となり、少プーリ化・省スペース化となります。

④低振動・低騒音

⑤クリーン化(ベルトの磨耗粉の発生の減少)

⑥省資源(Vベルト比:約1/50に減少)

お客様の声

今回の対象の空調機では、省エネ率13%と驚きの数字に大変喜んでおりました。

Vベルトの時に行っていた、ベルトの張り直しの作業が無くなり、生産効率の向上にも繋がりました。また、平ベルトへの置き換えにより、磨耗粉の発生が減少した為、環境の改善にも繋がりました。